« 疾走 | トップページ | 犬の十戒 »

2008/10/08

そくたいほ

モンローウォーク(1)(2)で気づかれた方もいるかと思いますが、優の歩き方は側対歩が主です。

四足の動物を上から見た場合、歩く際に対角線上の足(右前足-左後脚、左前脚-右後脚)を交互に動かすのが斜対歩で、これに対して、縦辺上の足(右前足-右後脚、左前脚-左後脚)を交互に動かすのが側対歩となります。 馬などでは、モンゴル産の馬に多くみられ、体の揺れが少ないのが特長と言われます。

Sokutai01 犬の場合、ネットなどで調べると、大型犬に多く緊張している場合に起こりやすい、と書かれている物が多いようです。また、腰の振れが大きいので、腰への負担が大きく、子の歩き方をする個体は長時間の歩行は苦手と、あまり良いことは書かれていないようです。(汗)

もしかして、元から関節が緩いから、そういう歩き方しかしないのかな? と思いましたが、先日新しい事実が判明。 普通の歩行から小走り程度に速度を変えると、歩き方を斜対歩に切り替えてました。どうやら、状況に合わせて最も能率の良い歩き方に切り替えてるようですね。(^^

念のため、犬の出てくる映画など確認したら、大型犬は側対歩してる子が結構多いようです。

皆さんの犬は、どんな歩き方をしてます?

|

« 疾走 | トップページ | 犬の十戒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 疾走 | トップページ | 犬の十戒 »